メモ帳

2020年09月06日

ただの業務連絡的なやつ。
先月くらいからライブドアブログの設定でHTTPSへ変更可能になったのだが
別に通販だの登録だのやってるわけでもないしこんなただの駄文垂れ流しクソブログで
セキュリティ意識高める必要ある?って感じなので特に変更していません。
色々な部分の設定いじらなくちゃいけないのもあってめんどくさいというのが本音であるが。
なので「安全ではない接続」とか相変わらず出てるけど気にしない気にしない。
いつの日か単なるhttpなんて使わせねーよ!って時代になったらそんとき対応します。

nameko21 at 05:59コメント(0) 

2020年08月26日

少し前の話なんだけどネタもないし愚痴っちゃう。

久々に大きな更新があってUIや機能がだいぶ変更された泥版火狐。
案の定というか死んだアドオンがだいぶあったようで阿鼻叫喚が聞こえてきたのだが
俺はuBlockくらいしか使ってなくて影響なかったので助かったと思ったのもつかの間、
タブの順番移動とか今までできてた操作がいろいろできなくなっていたり、
いくつかのボタンの位置がなぜか前より押しづらい変な場所に変更されていたり、
全体的に動きがもっさりしてしまって挙げ句の果てにフリーズ頻発するレベル。
なんだこのクソは!ふざけんな!前の快適返して!という状態なのであった。

無論俺の使ってる泥端末がよわよわCPUの6.0.1というのもあるんだろうけども、
今までそれなりに快適に使えていたものがいきなりだめになるのは辛いものがある。
昔PC版でも内容大幅変更で阿鼻叫喚になって俺も代替アドオン探しに苦労したし
セキュリティ的に仕方ないのはわかるんだけどどんどん強みが死んでいってるよね。
カスタマイズ性と速さをウリにしてたころの狐はもうどこにもいない。
スマホのchromeは微妙だから狐使ってるのにこれじゃもう何使えばいいのかわからん!
まあ全部ゴミカスな広告が悪いんだ。あれさえなければなんでもいいのに。
かといってDNSブロッカーを買うの嫌だしなぁ。ネット自体がどうしようもない。

結局Google様に逆らわず広告にイライラして生きるしかないということですかね。
そりゃいろいろサービス使わせてもらってるから文句言えないんだけどさ。
悲しいなあ。

nameko21 at 18:27コメント(0) 

2020年08月05日

部屋の温度がやばすぎて昼間に電源つけてると故障しないか心配なレベルなので
現状起動していられるのは短時間もしくは深夜の涼しい数時間だけである。
あと暑さで早朝に起こされるので睡眠不足。今日なんて昼前から34度前後だったよ・・・。
記事ネタ不足も相まってちょっとどうしようもないというかまず部屋にいることすら無理なので
今日の更新予定だった記事は深夜くらいにズレこみます。
スマホで文章だけ打っておいて後でPCの僅かな時間で画像編集する感じなのでね・・・。
早く冬来てくれーーー!!!死んでしまう!!!
ここ最近日記ばっか書いてるせいでアクセス3分の1になってるけど知ったことか!
俺はそんなもんより自分の生活を選ぶぜ!!

nameko21 at 18:13コメント(2) 

2020年07月11日

以前3Dモデルやフェイスリグを使った実況を最近はよく見るようになったと書いていたが、
このへんってわりと日本独特の文化というか海外の人からすると理解できないらしく
認識のズレが面白いなぁと思ったのでざっくりと書いていく。

さて、日本だともうすっかりおなじみであるアバターによる実況動画。
一番有名なのといったらやはり元祖と言ってもいい「ゆっくり実況」であろう。
そこから進化したのがボイスロイドを始めとする音声合成の立ち絵+読み上げ。
さらに別ベクトルに行った生声を組み合わせたV界隈などなど
日本では当たり前のように受け入れられている文化ではあるが、
海外では基本的にネットで生放送をするとなると生声+顔出し配信が普通なので、
こういったアバターや音声合成を使用した動画・配信というのは不気味に感じるようであった。

特に理由として挙げられるのがリアクションがわかりにくいという部分。
これは生声であるVに関しては問題ないのだが、音声合成を使った場合細かい部分、
例えば大失敗した時の悲鳴だったりとかため息、喜んだ時のおたけびなど、
リアクションを重んじる海外からするとその辺の感情でてこないのが不満であるようだった。
向こうはやっぱオーマイガーーーファーーーック!ってなるのをゲラゲラ笑う感じなんだろうか。
中には3Dアバターとトラッカー系の機器を使用してリアクションを表現している人もいるが、
逆にそこまで準備してわざわざAnimeでやる必要は?って思うらしい。わからないでもないが。
こっちからするとkawaiiものを見てるという感覚しか無いんだけどなぁ。

別に日本でもプロゲーマーやRTAイベントなどではみんな生声+生顔でやってたりするし
(中には恥ずかしいからとマスク付けて来たりする人もいるけども)
youtuberなんかは素でやるのが普通(だからこそVがわけられるわけ)なのであって
それらはそれらで同じく受け入れられているとはいえそれとはまたベクトルが違うんだよね。
言ってしまえばアバターによる実況配信というのは「うちの子」文化に近いわけである。
つまり自分が可愛いと思うキャラクターとそれのイメージに合う音声合成ソフトを用意して、
その子に実況をやってもらっている、という体が暗黙の了解としてあるのだ。
ただその暗黙の了解はあくまで日本にいるからこそ自然に受け入れられるものであって、
海外からするとアバター=実況者本人と感じて別の存在ということにならず、
言い方は悪いが「女装して裏声で話すゲイ」のように思ってしまうらしい。(実際に見かけた発言)
だから女性アバターを見かけると外人ってみんな「あなたは女性ですか?」って聞いてくるのね。
中にはイタコ姉さまのボイロを生声と勘違いしてオフパコ狙いナンパする外人までいたほどで
まあそれに関しては今の音声合成技術が凄まじいんだろうなぁという笑い話ではあるのだが
とりあえず日本では当たり前の「中の人」みたいなのが全然通用しないわけである。
(でもVが最初に爆発したのはちゅうごくからなのでアジア圏はhentaiに洗脳済みな可能性)
(ただしのじゃおじを始めとして声がおっさんでもいけるという俺みたいな人もいるので
 ぶっちゃけそこら辺に関してはマジでゲイじゃないんだよとしか言いようがなくて困る)

この辺はLGBT問題とかが特にめんどくさい海外らしいアレもあるのかもしれないが
男が女性アバターを使って活動するのがそんなにも不気味に感じるものなのだなと。
びっくりするくらい文化の違いを感じるね。
(こう言うとまたアレなのだが女性配信者はほとんど自分の"女性"を武器にして
投げ銭や干し芋を稼いでたりするので余計に男性の女性アバター使用はゲイに見えるのかも
それこそ女装したおっさんがケツ振って投げ銭稼いでるような感覚…?ひどい)
とはいえ向こうの日本オタク…Anime、Manga、Hentai好きな連中に関しては、
むしろ日本のアバター実況文化楽しい!kawaii!おっさん嫌い!と思って日本に来ては
あなたの声とキャラクターは美しい!とべた褒めして投げ銭していたりするので
これも当たり前なんだけど海外勢と言っても多種多様なわけで一緒くたにしてはだめですね。
ただ大体のOTAKUは日本人に媚びうるためなのか日本のアニメの名言などを連呼してきて
(現在だとジョジョネタ好きが多いらしくよくDIO関連のセリフを連呼しているのを見かける)
うるせえし全然空気よまねぇなこいつ・・・となるので配信者によってはわりとBAN対象である。
時折ガチ恋勢も生まれてずっと愛を囁いたり求婚してる気持ち悪いのまででてくる始末。
いわゆる「キモオタ」みたいなのは日本も海外も一切変わらないというのもなかなかおもしろい。


とまあ全然ざっくりじゃないしわからない人には一切わからない世界の話ではあったが、
とにかく今回伝えたいのはこの3点。

1.男性が音声合成+女性アバターを使う動画・生放送は日本独自の文化
2.海外からすると裏声+女装のゲイに見られてる場合がある
3.でもANIMEやHENTAI好きなやつの言動は世界共通

もちろん海外でも同じことやってる人はいるが超希少的存在という話ですね。
逆に言うと海外の日本オタクはほんとカースト最低なんだろうなというのを感じる。
頑張って生きて。
何の話だ。


※追記
某所で聞いたんだけどアメリカでスワッティングが社会問題になってからというもの
向こうでもアバター使ったりで個人情報を隠しながら配信する意味が理解されたらしいな。
まさかkawaiiではなく防犯のためとは・・・。ひどいはなしだ。

nameko21 at 23:24コメント(0) 

2020年05月13日

いやぁ久々に書くことが本当の本当になんにもない!病院シリーズも一段落したし。
なのでネタがないというネタシリーズ久々の解禁である。ひどい話だ。
一応4日に1回、月に7記事くらいは最低限として考えてたりはするんだけれども
今まで記事ネタとして利用してきたゲームをやるモチベが微妙になくなってきてたり
それらのゲーム自体が若干斜陽で定期的な記事ネタとして扱いづらくなってきたのが厳しい。

そして何より俺自身の末期ネタがなくなってしまったというのがでかい。
ゲーム記事に釣られてうちに来た人は知らないだろうけどうちって元々俺の愚痴というか
世の中狂ってる!俺のほうが正しい!という狂った人間の殴り書きが中心だったからな。
それが気づいたらネット人口も増えてスマホ世代の人達が中心になって
毎日のように頭おかしい人がどっかで取り沙汰されてるような時代になったからさ、
俺が一般人にまで相対的にあがってきてしまったんだよね、常識世界ランク的なものが。
どんだけ俺が狂った感じのことを考えて書いても天然物のキチには勝てやしない。
所詮俺は量産型ないし養殖物キチよってなった。そういう悲しみ。
その結果そういうの考えること自体やめてしまった感じでね。
全然末期オンラインじゃないよもう。ガチでただの日記オンラインだ。

でも別に俺はそういうキチを見下して俺がすごいって言ってるわけではないんだよ。
いい意味で狂ってる人たちもいっぱいいるわけだからね。
俺が見下してるのはあくまでそういう人たちに群がってあーだこーだ言ってる人たちだよ。
いつも言ってるまとめサイト大好きでそれ以外情報源がないような人たちね。
例を出すと少し前に某ワニが話題になったでしょう色んな意味で。
あれで別に作者や絡んだ企業や賛否両論で意見しつつ見てた人たちはいいのよ、
それをまとめの記事で知って横からステマだとか叩いたり金儲け云々で作者擁護したり
関係ないところでケンカしてるほうを見下してるわけね。わかるかなこの違い。
簡単に言えば情報に踊らされてる層が嫌いなのね。踊らにゃ損損で本当に踊っちゃう層。
人によってはこういうのを厨二病だとか斜に構え過ぎとか言ったりするわけだけど
一緒に踊って周囲に迷惑かけるよりはくだらねぇって去ったほうがいいじゃんってね。
そこらがよくわからないのよね俺には。だから俺は相対的に常識人になってしまった。
あれなぜか逆に末期オンライン記事っぽくなってきたぞ。なんでだろう。
これメモ帳カテゴリでやるやつじゃなかった気がしてきた。

話が逸れたけどとりあえずそんな感じで俺には末期感が出せなくなってきたので
ゲーム記事が増えていったけどそのゲーム記事を作るためのネタすらも減ってきて
あー困ったどうしようかなぁというのがこの記事です。はい。
ブラゲ以外のゲームもちょいちょいやったりしてんだけどさ、記事にするまでもないというか。
実はあつまれどうぶつの森も妹が買ってやってるので俺も少しだけ触ったりしてるし
前も書いてたけどゼルダBotWも150時間ほどプレイして達成率70%くらいまでやってるんすよ。
マイクラだって100時間以上やってたりするんすよ。でも書くほどでもないんすよ。
なんでかって言ったらそれこそさっき言ったことなんだよ。常識的すぎるから。
そんなふつうの事書いてなんか意味ある?ってなっちゃうの。悲しいね。
ゼルダなんてやろうと思ったら多分20記事くらい書けたよあれ。撮れ高多かったし。
でもそんなのそこら中にあるじゃんってなったらね、やっぱ書けないんだわ。俺には。
変なこだわりとかプライドとかそういうの持ってるからねしょうがないね。

という「記事ネタがない」という理由の話でした。
こういうのだったらそれなりに書けるんだけどなぁ・・・。
それこそ普通のゲーム記事の数十倍くらい需要ないよね。実際アクセスほぼ0だし。
まあ俺のブログだから好きなようにやるけどね。
よし1記事分消化した!!満足!

nameko21 at 05:59コメント(0) 
ラフィー
これまでのプロフ絵
01 02


・名前
習志野なめ子(のなめ)

・自己紹介
二次元大好き変態です。
労働で精神を病んだため
絶賛無職謳歌中。
身体も持病ありになりました。
悲しいね。

2020年こそなるべく長文記事
減らしたいです(届かぬ思い)


・昔のゲーム動画置き場
makkionlineチャンネル

・麻雀のMリーグAbemaで見ようぜ
https://m-league.jp/
アーカイブ
最新コメント
記事検索
人生末期患者数
  • 累計: