2018年07月04日

【かんぱに】なつぱに 地獄の水着ガチャ[2018/07]

さて、猛暑日に台風ときつい夏が始まったがこれだけは語らねばなるまい・・・。
先日生放送で発表され現在イベント開催中のかんぱに初の水着イベ、なつぱに。
http://info.kanpani.jp/news/summer_2018
かんぱに_20180628_00
当初、Ex社員以外での別Ver社員は初登場、ボイスイラストも完全新規、
しかも20人以上が連続で実装ということで滅茶苦茶盛り上がったのだが・・・。
(俺もクウェスちゃんが来たあたりで体からいろいろ吹き出るほど興奮した)
ふたを開けてみればコンプ勢を全力でころしにきている地獄の限定ガチャであった。

イベ自体はかなり長いのだが、ガチャ内容は2週間ごとに切り替わるという
他のガチャゲーと同じような期間での限定ガチャ方式になっている。
この時点でだいぶかんぱにらしからぬ感じなのだが、それが4回続くわけだ。
しかも現状における水着☆5の最高確率は1.1%×3人という低確率。
(ついでに水着には広報が一切仕事しないのでフレーズ切り替える意味がない)
かんぱに_20180628_01
引けるかっ…!こんなもん…!
確率だけならもっと低い作品も確かにあるので別段低いというわけでもないが、
さすがにこれを復刻なしで4回もやるとなると類のないエグさ。
(復刻の可能性はありと一応お知らせにあるが過去の限定は一度もないので・・・)
前イベが凄まじいまでのばら撒きだったため余計に落差を感じる。

(※2週目の追記
具体的な期待値は2週間でイベ産甘酒30個手に入ると仮定+デイリー14回ガチャると、
水着☆5最低ひとりなら77.15%、1人を狙いうちしたいというなら38.5%程度である。
つまるところ実は無課金勢でも4人に3人くらいは水着☆5引けていることになる。
そこに夏のボーナスセットを購入しさらに甘酒30個を追加投入した場合、
それぞれ91.65%、55.89%となり、プラス妖精封筒数十枚も含めれば、
ほとんどの人がひとりくらいは水着☆5を引けるという結果には一応なる。
もちろん数%の人はこれでも引けずに終わるわけだが・・・恐ろしい・・・)


逆に考えれば、前回のばら撒きは今回のためのエサだったのではないかと。
(よく考えたら今年に入ってからずっとおかしいレベルの緩和だった・・・)
まずゲームをやってもらうためにうま味しかないイベントで人を増やし、
その後定着したプレイヤーに水着キャラを見せて射幸心を煽りまくった後、
この低確率で搾り取ろうという作戦だったに違いない。
おかしい・・・かんぱにとは思えないバリバリのガチャ煽り商法だ・・・。
今まで散々商売下手だな!って言ってきたのに急にこの露骨な絞りガチャ商法。
以前の黒ルツィエルの限定ガチャがこれのためのテストだったなんて噂もある。
あれも無限の黒封筒使えないし急いで課金しないとって感じのガチャだったしな・・・。
つまり運営がテンプレガチャゲー的な稼ぎ方に目覚めてしまったというのか・・・?
それは確かに稼げるが修羅の道だぞ・・・大丈夫か・・・?

そしてこれによって今までの☆5の価値がもはや皆無になった気がする。
簡単に言えばこれ実質的な「☆6キャラ」を実装したに近いわけよ。
去年のガチャ確率改定によって☆4以下の価値をほぼ皆無にしたのに続き、
今年は☆5ですらその位置にしたと考えるのが妥当であろう。
実際のところ多くの人が☆5ほぼコンプできるほどの環境になってたからな、
そりゃ貧乏人にコンプなんて簡単にさせねぇよ!?ってなるよね・・・。
ガチャゲーの基本は課金者様を気持ちよくさせることである。
それにしては重課金者専用の無限の黒封筒ストックをゴミにしたのが酷すぎるか。
ガチャそのものがインフレしていくとかほんと不思議なゲームだな!
(とはいえ☆5のキャラストはメインでやれといいたくなるものが非常に多いので、
その辺が見やすくなってコミュで語りやすくなったこと自体はとても良いと思う
もしかしたらガチャ緩和にはそういう狙いも・・・ないか・・・かんぱにだし・・・)

なんにしろこの地獄を乗り切るためには運の1要素しかないのが辛い。
確定が5000円ならギリギリって感じだけどさすがに13000円も出せぬよ・・・。
どうせなら全限定キャラと交換できる「無限の虹封筒」とか出してくれないかな・・・。

とりあえず好感度システムでクウェスちゃんとイチャイチャは出来るのが救い。
かんぱに 水着クウェス 評価 砂浜の天使
あぁ^〜 俺の角も撫でて

あと「出会い」クエで数多のやきそばと出会いつつ青封筒を拾えたこともあり、
☆4の院長と☆3ロヴィは確保できたのでまだマシであった。
(ロヴィめっちゃ可愛くなったな・・・3年経ったら絵柄の進化しゅごい・・・)
 title=
そしてボロ絵がみんなやたらシコい・・・シコくない?これは淫長ですわ
昔から金髪ロリなのになんかシコれないと言われてきたモニクでさえシコいという。
まあもにに関しては昔配布された浴衣アリスあたりで既にだいぶシコかったけどな・・・。
魔装モニクは厳密には素もにではないけどあれもあれで下着がシコいし・・・。
今回のは素もにシコれない勢を完全に手のひら返しさせた感ある。

ほか高難易度の挑戦状クエに関しては先制もち突っ込んでなんとかした。
かんぱに_20180704_02かんぱに_20180704_03
専守アクセつければ後衛もギリ耐えられるので大事なのは装備よ!
前も書いてたけどこのゲームにおいて最強を作るのは防具やアクセなのだ・・・。

でも今イベでは探索にココナツ持たせて甘酒か妖精封筒出すのが中心だなぁ。
まさか黒封筒より妖精封筒のがありがたいものになるとは思わなかった・・・。
ガチャゲーで一番大事なのはあくまで試行回数だからな・・・。
(ちなみに妖精封筒100回使ったとき最低1人水着☆5でる確率は約40%もある
 戦場の妖精封筒が個数限定になったのはこのためだった…?)
もはや黒封筒なんて銀の羽根ランダム枚数交換券くらいの価値しかねえ・・・。
というか銀の羽根1万枚くらいで水着☆5と交換させてくれよぉ・・・。

そして現在、手に入った甘酒は18個・・・、実は確率に愚痴りつつまだ使っていない。
なぜかというと2週目にまたなにか確率アップ要素を期待しているからである。
このすばコラボのときも女神ポとか出してきて甘酒返して!ってなったからな・・・。
とはいえ逆に前回その手のやったから今回はやらないという可能性もかなり高い。
(※2週目の追記[180706]
 やっぱりそんなものなかったね・・・本当に地獄すぎる・・・)
まあガチャ第一弾最終日あたりに一気に引くだけさ・・・。今から気が気じゃない・・・。
正直今回のイベは焦燥感しかないです。かんぱにでこんな気分になるとはなぁ・・・。

いやぁほんとかんぱにって言えばまったり遊べるゲーの代表格だったんだぜ・・・。
それが今回は今すぐガチャに金出せ!オラッ!って殴りつけてくる感じのイベでさぁ。
田舎のみつあみメガネ幼馴染が都会に出たら黒ギャルになってたレベルの変貌。
ガチャ緩和で☆5引きも増えてコミュニティの会話もだいぶ平和になってたのに。
前記事でも書いてたが昔は☆5引いた報告だけで叩かれるレベルの絞りだったんよ。
今回の各所の雰囲気はあの時代に再び逆戻りでめっちゃピリピリしてる・・・。
妖精封筒から水着☆5出たわーwなんて書かれたらマジで死ねってなるからね。
というかいちいち引けた報告なんていらんねん荒らしと変わらんわあんな連中!
(俺もブログ上でそんなこと散々書いてきているがそれは棚上げである
 というか俺は自分の家で自分のこと書いてるだけだから別にいいんだよ
 不特定多数の人が集まる場所でねえねえ見て見てぼく最高レアひけたー!って
 大声で騒ぎに来るやつは控えめに言ってキチガイって話だよ)
実際に「俺は0円でコンプしたわざまぁw」と何度も書き込んでる荒らしいたからな。
「欲しい子以外は無課金で出た不幸だー」とかの自虐風自慢の無自覚荒らしも多いし。
ほんとイライラしてつらいイベントだ・・・。もう早く終わってくれとさえ思う。

そもそも俺は別にコンプなんて望んじゃいないんだ・・・。
ただクウェスちゃんがほしいだけ・・・。クウェスちゃん・・・ううう・・・。
愛の力はガチャをも超えることをなんとか証明したい今イベであった。


※追記
この記事での愚痴がのちの凄まじい手のひら返しフラグだったとは
執筆中は思いもしなかったのだった・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ランタナちゃん

・名前
習志野なめ子(のなめ)

・自己紹介
二次元大好き変態です。
労働で精神を病んだため
絶賛無職謳歌中。

記事ネタきついので2018年は
月5〜6本ペースにします

・PlanetSide2が出たからやろうぜ
http://www.planetside2.com/
キャラ:nonamevipB2
(NC-Conneryサーバー)
OF:MakkiOnline[MkOn]

△クリックで個人戦績へ
(たまに画像が死んでます)

・PS2関係サイトリンク
日本語解説は有志wiki(停止中?)
プレイヤー数はここらのサイトを
PS4版の人口はこっち
チキンプレイヤーランキングサイト
[180122 チキン世界1位達成!]
[180511 チキン世界1位奪還]
建設楽しいってだけの動画
チキンの日常プレイ動画

・今は亡きPlanetside1
nonamevipB2でやってました
BR40/CR5でカンストでした

・ゲーム動画置き場(古いの整理)
makkionlineチャンネル
アーカイブ
最新コメント
記事検索
人生末期患者数
  • 累計: